薬剤師の転職・求人サイト
Head tel
ログインID:
パスワード:
※システムメンテナンスのお知らせ
システムメンテナンスのため、下記日時にて本サービスを利用することができません。
ご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。
日時:2017年10月25日(水)午前2:00~午前4:00

仕事内容・給与相場は?

医師や看護師の仕事のほとんどが医療機関に限られているのに対して、薬剤師はその専門知識を活かして広範な分野で活躍できるという特徴があります。
また、第1類医薬品は薬剤師が服薬について説明しないと販売できなくなりました。また調剤薬局でジェネリック処方を望む患者が増えています。そのため、薬剤師に対し患者さんとのコミュニケーション能力がいっそう求められるようになっています。

薬剤師の主な仕事

医療機関の仕事

医薬分業が進む前の病院における薬剤師の仕事は、調剤・製剤から服薬指導、薬歴管理、医薬品の管理など多岐にわたっていましたが、現在は入院患者に対する調剤や服薬指導が中心となっています。

調剤薬局

医療機関からの処方箋を持ってきた患者さんに対して、指定された調剤などを行い、飲み方や副作用の説明など、服薬指導を行います。パートタイムなど、ライフスタイルに合わせたご勤務形態も可能です。

ドラッグストア(OTC)

薬剤師の仕事としては、適切な医薬品を推奨し、適切な使用を説明します。ドラッグストアでは正社員の薬剤師が店長になるケースがあり、店舗運営をはじめ、生活雑貨や食品など医薬品以外の商品の販売も行うこともあります。パートタイムなど、ライフスタイルに合わせたご勤務形態も可能です。

製薬会社

医師に自社薬剤を説明するMR(製薬会社の営業職)が主な仕事です。業界団体で行っているMR認定試験で薬剤師は6科目中3科目を免除されます。また、上市された薬剤の後追い調査を行う市販後調査や、医療関係者や店舗関係者などからの問い合わせに対応する学術部門、創業を行う研究、開発(R&D)などの職種がございます。

受託臨床試験期間(CRO)、治験支援業種(SMO)

CRO(医薬品開発業務受託機関)は、製薬会社の代理として治験をサポートする業務を行っています。この治験サポートでは製薬会社と医療機関、治験を受ける患者の円滑な関係がカギとなり、薬剤師がその支援を行っています。SMOは医療機関と契約し、治験を実施する側に立って治験業務のサポートを行います。

薬剤師のお給料

一般的に高給イメージがありますが、医療機関、調剤薬局、ドラッグストア、製薬企業など、働き先によってお給料はかなり違うようです。しかし、薬剤師の平均年収は約500万円といわれ、年収300万円時代といわれる中ではかなり高収入になっています。
また薬剤師と聞いて、最もイメージしやすい働き先である病院や調剤薬局は、民間企業に比べて給料の面では負けてしまうことが多いようです。

医療機関
初任給で年収300万円~350万円程度。病院によっては公務員給与に準じているところもあり、その場合は高い生涯年収が期待できます。

調剤薬局
初任給で年収400万円程度、役職がつくようになると年収500万円~600万円程度が多いようです。

ドラッグストア
初任給で年収400万円~500万円程度、店長クラスになると年収700万円以上になるところが多いです。初任給が高いのが特徴。

製薬会社
最も給料が良いのがこの製薬会社!
営業職の仕事であるMRの場合は、就職時は年収300万円程度で、10年以内に年収1000万円を超える人もいるようです。研究、開発(R&D)や学術においてはスタートから安定した高収入を得られる場合が多く、業界全体での平均年収は40歳で700万円程度、トップメーカーでは平均年収1,000万円超えという企業も存在しています。

Register banner